この記事を読んでハートに響いた方は
ハートボタンをクリック!

「店舗ができるまで」第六弾!

この企画は、店舗ができるまでの道のりを調査し、

物語の開発力と人財力をより深く知っていこうという企画です。

 

前回は、敷地内での調査」がテーマでした。

 

・物件の間口はどれくらいの広さか?

・汚水マスやキュービクルはある?

・敷地内にはどんな商業施設がある?

 

普段何気なく目にしているものが、物件調査の段階では

大事なチェック項目になっていることが分かりましたね!

 

前回の記事

【店舗ができるまで⑤】河野さんの物件調査に完全密着!

 

今回は、物件調査編ラストです!

調査項目を全て合わせると…

 

物件調査の取材で確認した項目

・視認性

・インカーブかアウトカーブか

・周辺地域の雰囲気(人口が集まる場所か)

・信号の位置

・入口の入りやすさ

・駐車場台数

・順車線、逆車線、側道の交通量

・物件の間口の広さ

・汚水マスの有無

・キュービクルの有無

・セットバックか否か

・敷地内の商業施設

・近隣店舗との距離、かかる時間

・周辺の競合店調査

 

こんなにも項目がありました。

たとえ視認性だけがすごくよい店舗であっても、繫盛店になるとは限りません。

人が集まる場所なのか、駐車場に入りやすいか、

近隣に競合店があるか否かなど

あらゆる繫盛店の要素が絡むことによって決まってくるんですね!

 

スタッフが楽しく働き、

お客さまに愛される繫盛店をつくるために、

日々、新たな立地開発が行われています!

 

この記事を読んでハートに響いた方は
ハートボタンをクリック!